薬を使わずにうつ病を治した方法

使用前

使用後

試したもの

 

マインドガードdx詳細

 

 

マインドガードdx詳細

 

 

マインドガードdx詳細 

薬を使わずにうつ病を治した方法の実践体験談

 

私は子供の頃からいじめられている悩み事や心配事が絶えずあって、大人になってからもコンプレックスや職場の人間関係の悩みが続き、ほとんど毎日慢性的なうつ病状態でした。

 

朝起きると「死んでしまいたい・・・」から始まり、重い腰を上げて布団から出て死にたい気分のままやっと会社に行く事が常でした。

 

それでも日中時間の経過とともにちょっとずつ落ち着いてきて、仕事が終わると帰って好きな事ができる開放感で少し元気になれました。

 

帰ってから元気になる本を読んだりお笑い番組を見たりして、夜はハイテンションになる事もあり、早く寝るのがもったいなくて結局ベッドに入って眠りに就くのが夜中の2時過ぎ。。

 

そして朝起きると元通り「死にたい気分」からのスタート。

 

こんな生活を学生時代から30年近くほぼ毎日繰り返してきました。

 

「どうして夜は比較的元気なのに朝は180度変貌して死にたい気分になってしまうんだろう??」

 

これをちょっと研究してみる事にして色々調べ始めたところ、睡眠にはゴールデンタイムというものがある事が分かりました。

睡眠のゴールデンタイムとは

 

しかもそのゴールデンタイムの睡眠は夜10時から深夜2まででした。

 

私の毎日の生活習慣では全くこのゴールデンタイムの睡眠が得られていない事が分かりました。

 

「ここが出来ていないから質の高い深い眠りが得られず毎朝うつ状態から始まっていたんだ!」

 

とまず気が付きました。

 

しかもこのゴールデンタイムの睡眠をとると、質の高い睡眠が得られると共に
「成長ホルモンが分泌される」事も分かり、なおさらひどい毎日を繰り返してきた事に気付かされたのです。

 

とはいえ、夜中2時過ぎに寝るのが習慣になっているのを夜10時就寝に変えるのは最初は難しかったですが、思いきって早く寝てその分朝早く起きる習慣に変えてみてから体調も良くなり、元気な生活を過ごすことができるようになってきました。

 

なので、うつ状態の他にも何かの病気に発展してしまった人で、深夜に眠りに就いていた方は、まずはここから変えてみると良いと思います。

 

こんなお金のかからない簡単な方法で体調も良くなり、元の元気な自分に戻れるなんて最高だと思いませんか?

薬を使わずにうつ病を克服する2つのコツ

 

1.就寝前にヨガやストレッチ

 

夜寝る前に軽くヨガやストレッチを10〜15分行ないます。
ここで大事な事は、深呼吸を繰り返して心身を呼吸満タンにする事です。

 

何度か繰り返していくと、身体に酸素が巡り渡って行きます。
車をガソリンで満タンにするように、身体も酸素エネルギーで満タンにするのです。

 

こうして眠りにつくと、本当に朝の目覚めが爽やかで元気がみなぎりながらの目覚めになります。

 

騙されたと思って一度試してみて下さいね。
これは権威ある睡眠の本にも書かれていたことであり、「自分で編み出したこの方法はやっぱり理に適っていんだ!」と喜んだ思い出があります。

 

2.睡眠サプリメントを試す

 

かなりひどい症状になっている方は、睡眠サプリメントをオススメします。
私が試した睡眠サプリメントは「マインドガードDX」です。

 

これはうつ病改善にも良いとパンフレットに書かれていますので、
不眠症になってしまってどうしても眠れなくて困っている方は、副作用のある睡眠薬や睡眠導入剤に手を出す前に、まずは、自然界の成分だけで作られている身体に優しい睡眠サプリメントを試してみて下さい。

 

私は、吸収力抜群のドリンクタイプの「マインドガードDX」で危機の状態から脱出できましたのでオススメしたいと思います。

 

↓↓詳細はこちら!今なら25%割引中 送料・手数料無料です! ↓↓

マインドガードDX詳細